薬剤師の転職が厳しい時代へ!

薬剤師の転職が厳しい時代になってきました

薬剤師の転職が全体的に厳しい時代になってきました。

新型コロナがトリガーとなったというわけではありませんが、確かにコロナ禍以前と以降では、有効求人倍率が3倍から1倍台へと急激に求人が減ったことは事実です。

厚生労働省が2021年4月26日に、2045年には薬剤師が最大で12.6万人過剰になると推計結果を出しています。

したがって、今後の薬剤師の転職は今まで以上に厳しくなると言っても間違いはありません。

このように薬剤師の転職が厳しくなるという状況の中で、人間関係を理由に転職する場合、次の就業先は慎重に決めましょう。

なぜなら前の職場のモラハラに悩んで辞めたのに、転職先では嫌味なお客に付きまとわれ転職したことを後悔している人も多いからです。

前の職場の煩わしい人間関係から解放されたからと言って、必ずしも次は良い環境で働けるとは限りません。

職場の人間関係というものは、一度働いてみないとわかりにくいものです。

加えて薬剤師は調剤薬局やドラッグストアなど、少人数で働く環境に置かれることの多い仕事ですから、さらに注意が必要というわけです。

安易に転職先を決める前に、十分なリサーチが必須。

お客さんとして訪れるのもいいですが、それでも雰囲気が分かりづらい場合には転職エージェントなどを頼るのが効果的です。

転職エージェントは採用担当者やその他のスタッフと通じて、ありのままの人間関係を教えてくれることが多いです。

あえてオブラートにされるようなら、その転職先は要注意サインの可能性あり。

明るく風通しの良い職場なら、自身を持ってそのことを採用担当者やスタッフが伝えてくれるはずですから。

人間関係を聞くなんて失礼かな?と思うかもしれませんが、真剣に転職先として考えていることが伝わればむしろ好印象になるでしょう。

薬剤師の転職でおすすめはマイナビ薬剤師

薬剤師の転職サイトと言えば、マイナビ薬剤師がおすすめです。

その理由は全国どこでも対面の面談が可能だからです。

それは全国に拠点が15ヵ所もあるため、対面での面談可能な地域が多いためです。

また求人数がとても多く60000件以上の求人数があり、業界でもトップクラスなので、自分のニーズに合った求人先が見つけやすいと言われています。

そしてマイナビ薬剤師には薬剤師カルテというコンテンツがあり、求人に掲載されていない企業情報も掲載してくれてるのでメリットです。

さらに職場の内情にとても詳しいエージェントが親身になって話しを聞いてくれるのもおすすめの理由です。

また登録が簡単なのもおすすめな理由の一つで、Webでの登録が記入項目が少なく1分もあれば完了します。

さらに登録した後には電話での面談もあり電話が掛かってくるのですが、電話に直ぐに出られなくても問題なく、メールでいつなら都合が良いのか聞いてくれのです。

また住んでる場所によっては対面での面談もあるものの、初回の電話面談でのヒアリングは45分程度と短いです。

そして初回は電話での面談ですが、その後のやり取りはメールが中心となるので場所や時間も気にせず転職したいという方にもおすすめです。

つまりマイナビ薬剤師なら手厚いサポートが受けらる上にしっかりヒアリングをした上で転職ができ、職場の雰囲気なども知ってから転職が可能となるのでおすすめだと言われています。

 薬剤師求人 信頼マップ公式ベスト

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる