薬剤師転職サイト信頼ベスト

薬剤師転職サイト 信頼ベストとは

薬剤師として転職・復職を考えている薬剤師の皆様、どのようにして求人を探していますでしょうか。ハローワークや求人雑誌では、なかなか希望する条件の求人がない、また仕事や家事をしながら求人探しをする時間が取れないなどで、つい先延ばしになってしまっているのではないでしょうか。

「薬剤師転職サイト 信頼ベスト」では最近の薬剤師の転職事情を踏まえながら、信頼できる薬剤師求人の探し方についてお伝えしていきます。
まずは、大手の薬剤師転職サイトの公式サイトを活用することをおすすめします。
当サイト(薬剤師転職サイト 信頼ベスト)トップページ下記に掲載の記事、薬剤師転職信頼ベストランキング薬剤師の転職の信頼ランキングベスト5まとめをぜひ参考にしてください。

最新版!薬剤師転職サイトランキング

信頼できる最新版!薬剤師転職サイトランキングのベスト5社(公式サイト)から2,3社に無料登録すれば、理想の転職を叶えられる薬剤師求人案件を見つかる可能性が上がるでしょう。
そのほか、最新の薬剤師転職事情、薬剤師の就職や転職におすすめの専用求人サイトのメリット、ドラッグストア勤務の薬剤師、薬剤師の仕事についての記事を掲載しております。

薬剤師転職信頼ベストランキング

業界トップクラス、究極の薬剤師転職サイト5社を『信頼性を重視して厳選』しました。薬剤師転職サイトの信頼ベスト5は、薬剤師専任の転職コンサルタントがあなたの転職活動をバックアップしてくれます。調剤未経験、CRA・CRC、病院薬剤師、ドラッグストアなど、多種多様で信頼性の高い好条件のプレミア非公開求人を多数掲載、もしくは紹介しています。薬剤師転職信頼ランキングおすすめの薬剤師求人サイトへの登録・利用は完全無料で、最短3日でのスピード転職も可能です。
第1位薬キャリ
薬キャリ

第2位マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師

第3位薬剤師転職ドットコム
薬剤師転職ドットコム
第4位リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師
第5位ファルマスタッフ
ファルマスタッフ

薬剤師転職サイトの信頼ランキングベスト5まとめ

薬キャリ
医療情報に特化したサービスを提供するエムスリーグループの運営する薬剤師専門の転職サイト。薬剤師の登録者数はナンバー1で、年間7,200人が利用しています。対応スピード、薬剤師の人材紹介における満足度などコンサルタントの満足度も95%と高い評価(2014年10月M3キャリア調べ)を得ており、信頼できる薬剤師転職サイトです。

マイナビ薬剤師
総合人材紹介会社のマイナビが運営、【満足度5年連続NO.1】(※薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査。調査委託先:楽天インサイト調べ(2019年10月))の薬剤師専門の転職支援サービスです。大手の人材紹介会社ならではの幅広い職種と情報収集力を誇り、サポートも万全です。信頼度、安心度、認知度は業界でもトップクラスでしょう。東京・北海道・仙台・埼玉・千葉・横浜・名古屋・大阪・京都・広島・福岡などで個別転職相談会を開催しています。

薬剤師転職ドットコム
調剤薬局トップの関連会社、メディウェルの運営する薬剤師専門の転職サイト。求人探し、キャリア相談、応募、面接、条件交渉・日程調整、入職の手続きまでキャリアコンサルタントが徹底サポートし、納得できる転職を実現。メディウェルの利用者満足度はなんと95.8%です。また12,000件以上のプレミア非公開求人からおすすめ求人を紹介してもらえます。そのため第一志望内定率が92.4%と非常に高く人気です。

リクナビ薬剤師
認知度・信頼度ナンバー1のリクルートグループ(総合人材紹介会社)の運営する薬剤師転職支援サービス。製薬会社、病院はもちろん、大手薬局チェーン店から町の小さな薬局、ドラッグストアまで非公開求人の中には、リクナビ薬剤師でしか見つからない好条件、高待遇の求人も多くあります。キャリアアドバイザー、求人の質の良さは業界随一です。年収700万円以上の高給与求人、未経験OK・薬学生の新卒年収450万円以上、在宅業務など信頼できる薬剤師募集案件を数多く扱っています。

ファルマスタッフ
大手薬局チェーンを展開する日本調剤の運営する薬剤師の転職サイト。求人数、派遣薬剤師案件は業界最大級の6万件以上。年収700万円以上の高報酬・高給与求人が多く、業界を知り尽くした信頼できる専任のコンサルタントが適切なマッチングを行ってくれます。また全国各地で転職相談会を開催しており、派遣薬剤師の求人にも非常に強いです。

【リクナビ薬剤師】信頼できるべストの薬剤師転職サイト(体験談インタビュー)

薬剤師転職サイト信頼ベスト

Q1.性別と年代を教えてください。
女性、27歳です。
Q2.あなたの利用した転職サイトは何ですか?
リクナビ薬剤師です
Q3.リクナビ薬剤師の満足度は10点満点中何点でしょうか?
8点です。
Q4.簡単な自己紹介をお願いします。
現在27歳、心療内科や皮膚科の入るビルの薬局で、薬剤師として2年ほど勤務しています。
勤務は週5日のフルタイム、その時期の病院の診察日によっても異なりますが、だいたいが平日1日と日曜日にお休みしています。
Q5.転職理由(辞めた理由)と現在までの転職回数をおしえてください。
薬剤師として初めて働いたのは24歳の時で、東京郊外の小さな薬局でした。
家から近いこともあり、自転車で通えることからそこを選びました。
しかし、地域の昔からある薬局だけあり、中の人間関係は確固と出来上がっており…私はなかなか馴染めませんでした。
40代の主婦層の女性スタッフで成り立っており、リーダー格の方の性格がきつく、新人の私にいきなりカウンターに立たせ、何も分からぬまま薬を探させられ…結局時間がかかってしまい患者さんにご迷惑をおかけしたり。
スタッフの人数も少なく、誰にも相談できませんでした。
一年ほど耐えましたが、私自身が慢性的な頭痛やうつ状態に陥り、転職を決意しました。
経験を生かせることや給与のよさから、次も薬剤師として働くと決めました。
Q6.数ある薬剤師転職サイトの中からリクナビ薬剤師を選んだ理由をおしえてください。
リクナビ薬剤師を選んだのは、求人数の多さと分かりやすさからです。
薬剤師という限られた業種でも、希望に合った勤務地や環境を登録すると、毎日おすすめの求人をメールで通知してくれました。
主にスマートフォンで転職活動をしたのですが、サイトの見やすさも魅力でした。
Q7.リクナビ薬剤師を実際に利用した感想をおしえてください。
リクナビ薬剤師に登録して、一ヶ月ほどして見つけたのが、都内にある婦人科や内科のビルにある薬局です。
面接に行ってみると、スタッフの人柄が非常によく、ここなら働きたいと思えました。何でも相談してね、という風通しのいい雰囲気です。
無事に採用され、現在も勤務しています。身心の不調もなくなり、転職を決意して本当によかったです。
Q8.これから転職をする後輩へのアドバイスをお願いします。
今の環境に苦痛さを感じているのなら、迷わず転職をおすすめします。
まずは3年耐えるべきとも言われますが、苦しんで自分を犠牲にしていては、人の役に立つ余裕も持てません。
参考になれば幸いです。

【マイナビ薬剤師】信頼できるべストの薬剤師転職サイト(体験談インタビュー)

Q1.性別と年代を教えてください。
女性、30代です。
Q2.あなたの利用した転職サイトは何ですか?
マイナビ薬剤師です
Q3.マイナビ薬剤師の満足度は10点満点中何点でしょうか?
8点です。
Q4.簡単な自己紹介をお願いします。
大学卒業後は、救急病院の門前にある大きな調剤薬局に勤めていました。
残業や会議も多く、夜勤もあったた為、大変ではありましたが、充実した毎日を過ごしていました。
当時は一人暮らしをしていた事もあり、生活の中心は仕事!幸い、人間関係にも恵まれ、それなりの給与も貰っておりましたので、大きな不満はありませんでした。
Q5.転職理由(辞めた理由)と現在までの転職回数をおしえてください。
丸7年務めた薬局を退職するきっかけとなったのは、結婚でした。
結婚とほぼ同時に夫が関東へ転勤となった為、同行することにしたからです。
私にとっては初めての転職でしたし、ほぼ、初めての就職活動とも言えました。(それまで勤めていた調剤薬局は、ゼミの教授の推薦で就職した為)
夫の新しい赴任先、埼玉では夫婦共に全く土地勘がありませんでしたから、転職を考えだしてからすぐに転職サイトを利用することにしました。
Q6.数ある薬剤師転職サイトの中からマイナビ薬剤師を選んだ理由をおしえてください。
私が複数あるサイトの中からマイナビ薬剤師を選んだのは、たまたまネットで薬剤師の転職サイトで検索をかけたら一番上に表示されたからです。
たったそれだけの理由でしたが「マイナビ」という言葉は、それまでにもCMなどで耳にしたことがありましたので、「大手なのだろう」と安心して利用することが出来ました。
Q7.マイナビ薬剤師を実際に利用した感想をおしえてください。
一番びっくりしたのは、夜の22時くらいに登録したのにも関わらず、すぐに担当と名乗る方から直接お電話を頂いたことです。
まさか、そんなにすぐレスポンスがあるとは思っていなかったので驚きました。
担当の方には、今現在は専業主婦であることや、時間をかけて仕事を探していこうと考えていることを伝え、その後はメールでのやりとりでサポートして頂きたいと伝えました。
メールでも常にレスポンスが早くて適格でしたので、しっかりとサポートされている、という実感は常にありました。
薬剤師あるあるではあると思うのですが、私の転職活動はすぐに終わりました。
基本的には、こちらが望む条件と就職先の条件さえマッチングすれば、転職活動は終わりです。
やはり、薬剤師は売り手市場なのかな、と再認識させられました。
ただ、私の求めていた条件(調剤薬局でのパート勤務、きちんと休みが確保できる、残業代などはしっかりと払われる、など)をしっかりとかなえることが出来たのは、転職サイトのおかげだと思っています。
Q8.これから転職をする後輩へのアドバイスをお願いします。
薬剤師資格を持っていると、いろんな就職先や働き方が選べます。
その反面、資格を持っているからこそ、大きな責任がありますし、ミスは許されません。
しっかりと自分の求める転職先をイメージして、転職活動を行うことが転職の成功のカギだと思います。

最新の薬剤師転職事情


最近の薬剤師の求人は、東京、大阪、横浜、名古屋、福岡などの大都市ほど求人が少なくなっている傾向にあるようです。その一方、地方では薬剤師が不足して来ているので、逆に求人が増えていると言われています。と言うことは、地方に的をしぼればスムーズに就職することが出来るので、大都市の狭き門の中で他の求職者と無用に争わなくても良いのかも知れません。

今は薬剤師の転職・求職・募集求人サイトがかなり充実していますので、薬剤師転職サイト 信頼ベスト5のいずれかのサイトに自分が希望する仕事への条件を登録しておけば、それに見合った就職先を見つけてくれたりします。

もちろんハローワークでも、インターネットサービスがありますので、自宅で時間を問わずに探すことが出来ます。

信頼できる薬剤師転職サイトやハローワークでは、全国の求人を見ることが可能で、希望する勤務地であったり、給料や休日や勤務時間等細かく条件を入力出来るので、とても便利で使いやすいサービスだと思います。

それに、平日だったら毎日新しい求人が更新されるので、より良い自分に合った就職先を探して行けるのではないかなと思っています。

その就職先も多種多様で、病院や個人のクリニックや、その近くにある調剤薬局もありますし、近頃はドラッグストアでも病院やクリニックで処方される、処方せんを受け付けてくれる所が年々増加して来ています。

そして調剤薬局の方でも、高齢化に伴って在宅医療と連携をして、薬の配達をする薬局も見かけるようになりました。これは、今後益々必要とされるのではないかと考えられています。

せっかく、難関な薬剤師の資格を取得したのですから、ぜひ最大限に生かしてニーズのある地方でも、活躍をして頂きたいと思っています。

薬剤師の就職や転職におすすめの専用求人サイトのメリット

薬剤師の転職では、信頼できる薬剤師専用の求人サイトがお勧めです。

個人情報と、勤務地や待遇などの希望の入力だけで登録ができますし、求人はサイトのコンサルタントやスタッフが選んでくれますので、仕事をしながらの就職または転職活動ができます。しかも、面接日程の調整までしてくれますので、あなたは当日、書類を持って面接先に行くだけでいいのです。

薬剤師転職信頼ランキング掲載の求人サイトのメリットはそれだけではありません。非公開求人も多いので、様々な求人の中から自分に合ったのを探してもらえますし、病院・調剤薬局・OTC・調剤併設のドラッグストア・漢方薬局・製薬メーカーほか勤務形態ほか、常勤か非常勤かを選ぶこともできます。

また、平日に休みを取りたいとか、自宅から近い勤務地がいい、転勤なし、ブランク歓迎、管理薬剤師といった希望にも応えてくれますので、その意味でも希望条件を詳しく入力しておくのがお勧めです。もちろん登録の事実、あるいは登録の内容などは外部漏れのないよう、厳重に管理されます。

求人サイトに登録することのメリットは他にもあります。それは書類の書き方の指導や模擬面接をやってもらえることです。履歴書はまだしも、職務経歴書の書き方がよくわからない、あるいは面接の時に緊張してしまうというような人は、このような機会をうまく利用することで、希望する仕事につける可能性がより一層高まることになります。

薬剤師転職支援サービスの選び方などで迷ったときは、薬剤師転職サイトの信頼できるランキングベスト5を参考にしてください。

需要高まる薬剤師のさまざまな仕事

薬剤師として活躍している方のなかには、もっと待遇がよい職場はないだろうか、もっと時間を優遇してくれるような職場を求めているなどの理由から転職を視野にいれている方も多いと言えます。

しかし、いざ転職活動を行うのは年齢的にも大変だと思われている方も多いのですが、実は薬剤師は需要が高まりつつある職業とも言えるのです。

薬剤師として働いている方の多くは、病院などの薬局勤務ではないでしょうか。

しかし、近年では薬剤師の仕事は病院などの薬局だけに留まらず、大型商業施設内にある化粧品も取り扱っているようなドラッグストアや、夜遅くまで空いているドラッグストアなど多種多様なのです。

そのため、薬剤師の転職先も幅広く、また色々な面でも必要とされています。

病院などの薬局勤務ですと、昼間働いて土日が休みという場合が多いと思いますが、なかには平日に休みがほしい、昼間は資格取得などに励みたいので、夜遅い勤務を希望しているといった方もいると思います。
ドラッグストアなどであれば、平日の休みも確保することが出来ますし、シフト制で勤務が組まれているので、昼間は自由な時間がほしいといった要望などにも応えることが出来ると言えるのです。

薬剤師の仕事は幅広い分野での活躍を見せています。仕事の幅が広がるということは、勤務時間も選択することが可能とも言えるのです。

薬剤師の免許を保持しており、転職を視野に入れているのであれば、ドラッグストアなども狙い目です。

ドラッグストア勤務の薬剤師

最近ドラッグストアが増えて来て、コンビニかスーパーに近いような店舗を見かけることがあります。基本は薬の販売をしていて、そこでも薬剤師が勤務している所が多くなっています。

だいたいの市販薬は、自己判断と選択によって買うことが出来ますが、薬の種類により薬剤師と相談をしなくてはならない物もあります。

この時は、薬剤師が何の目的でこの薬を必要としているのか、他に飲んでいる薬はあるのか等の確認作業をすると言う重要な役割があります。

もちろん、自己判断で買える薬においてもお客さんに聞かれる場合があるので、適切なアドバイスをしてあげます。

もし、風邪をひいている場合だったら、初期段階なのかかなり重症なのかを聞いて行き、今、1番辛い症状を緩和出来るような薬を見極める判断力も求められます。

また、ドラッグストアの店舗によって変わりますが、処方せんを受け付けている所もあります。

件数的にはあまりないのかも知れませんが、買い物をするので一緒に薬ももらって行こうと言う人も来店して来ます。

その時は、調剤薬局のように処方せんの記載内容を確認した上で、特に問題がないようであれば調剤をして服薬指導をして行きます。

このように見てみると、ドラッグストアに勤務する薬剤師は、医療機関や調剤薬局とはまた異なった仕事内容になりますので、通常の買い物をするお客さんへの対応もする場合があるので、その時に問われるのは柔軟性や臨機応変さが必要になると思われます。

薬剤師転職サイトでは、ドラッグストアの求人は調剤併設とOTCのみで、調剤薬局の次に多くなっています。

日本チェーンドラッグストア協会によると2013年で総店舗数は1万7563店で、市場規模は6兆円を超えてます。

ドラッグストア(DS)が取り扱う処方箋枚数も伸びており、薬剤師不足は続いています。今後は薬剤師の調剤薬局からドラッグストアへの転職も増えるでしょう。

薬剤師の資格とドラッグストア

薬剤師の求人は本当に多数あります。病院、ドラックストア、製薬メーカー、調剤薬局など年齢不問かつ、高額の給与や時給を補償している所も数が多いです。

そのような中で特に多い求人がドラックストア関連です。

ドラックストアは一時期のような出店ラッシュはおさまったものの、出店は続いております。

薬局やドラックストアを営業していくなかで、欠かせないのが薬剤師なのです。

近年は、一部薬品は登録販売者という新しい資格で販売できるようになりましたが、登録販売者でも販売出来ないような、効き目の強い医薬品を販売したり、病院の処方箋を調剤するためには薬剤師が必要となります。

ドラックストアの薬剤師の仕事内容としては、お薬の接客から商品の発注、陳列、調剤施設のあるところでは調剤と多岐にわたりますが、一番の魅力は接客かと思います。

お客様の身体の不調を聞き取り、数多くある商品の中から、そのお客様に合う商品を選びご提供する。

病院のように敷居が高い所ではなく、普段の買い物中に雑談を交えながら気軽に相談出来る頼れる存在となれるのは、誇らしいことだと思います。

また、新商品もドラックストアは、いち早く導入されるため、職場に並ぶ商品を眺めているだけでも、飽きることはないかと思います。

調剤施設が併設せれているドラックストアも最近は数が増えてきておりますので、調剤経験もそこで積み上げることが出来きます。

薬剤師の資格習得は簡単にはいきませんが、一度資格を習得すれば、転職就職と自分好きな世界で働くことが出来ます。

薬剤師関連の参考資料
厚生労働省
厚生労働省の薬局・薬剤師に関する情報、報告書等。

文部科学省
文部科学省の薬学教育に関する資料、報告等。

転職ライブラリープラス(ファネット)
薬剤師転職サイト、薬剤師求人、薬剤師の仕事に関わるデータ、資料等。

日本薬剤師会
薬剤師に関するニュース、特集、最新情報。

アーカイブ