管理薬剤師の求人はどうやって見つけるの?

管理薬剤師

管理薬剤師の求人はどうやって見つけるの?

薬剤師として働く時にはいろいろな立場があります。

その一つには管理薬剤師として働く場合があります。

管理薬剤師は一般の薬剤師よりも専門知識が必要で責任も重くなりますが、年収は700万円以上の募集が多く高給です。

薬剤師をしている人ならなってみたい人もいる事でしょう。

管理薬剤師は東京、大阪、神奈川(横浜)、札幌、名古屋、仙台、福岡ほか全国で活躍しています。

そこで調剤薬局、ドラッグストア、企業、メーカーなどの管理薬剤師の求人・募集はどうやって見つけたらよいのかをまとめました。

管理薬剤師の求人

調剤薬局の数は、コンビニエンストアの数よりも多いとされています。

薬局、ドラッグストアの統合、再編はありますが、薬剤師の求人案件も伸びる見込みです。

しかし管理薬剤師の求人に関してはそんなに多くはないという印象があります。

これにはちゃんと理由があります。

管理薬剤師は一般的にどういう人がなるかと言うと、多くの場合はその職場で一般勤務薬剤師として働いてきた人を昇進させるからです。

やはりその職場で働いてきた人の方がそこの職場に詳しいわけですから、経営者側も安心して任せる事が出来るからです。

じゃあそこの職場で働いていない人にはチャンスはないのか、というとそうとも言えません。

というのも実は薬剤師というのは人の出入りが激しい仕事なのです。ここにチャンスがあります。

既存の調剤薬局に勤めていた管理薬剤師が辞める場合には、早めに経営者は別の管理薬剤師の求人を出さないといけません。

そこにうまく入り込むのです。他にも新しく薬局やドラッグストアを開設する時にも管理薬剤師の求人が出ますからチャンスです。

東京など都市部の薬剤師の平均年収は400万~650万円ですが、管理薬剤師ともなれば600万~800万円の年収も期待できます。

さて、管理薬剤師の募集の探し方ですが、薬局や店舗に求人広告が出る場合があるので目を光らしておきましょう。

他には定番の求人雑誌から見つける方法とか、もっと効率的に探すために薬剤師専門の支援サイトを活用するのも一つの手です。

薬を調合する事だけが薬剤師の仕事ではないのですから、管理薬剤師という責任ある仕事に挑戦してうまくやり遂げた時の達成感も味わえば、もっと薬剤師の仕事が好きになれるかもしれませんね。

»薬剤師転職信頼ベストランキング

管理薬剤師の残業は多いの?

薬剤師の仕事をしていく上で気になるのはどんなことでしょうか?

多くの人はその一つに残業を挙げるでしょう。

仕事はもちろん重要な事ですが、残業が多く生活レベルの事を犠牲にして仕事だけする生活も考えものです。

例えば仕事だけして自分の好きな事ができないなどという状態ではストレスになります。

ところで薬剤師と働く場合には管理薬剤師として働く場合もあります。

普通の薬剤師よりも忙しそうですが、実際はどうなのでしょう。

ここで見ていきましょう。

管理薬剤師の残業

調剤薬局で働いている管理薬剤師は薬局の経営者である場合もあります。

そのため当然残業はあるでしょう。

薬局の営業時間中は調剤業務をするのが普通ですから、薬の管理や発注、事務処理などは営業時間が終了してからしなければなりません。

また、管理薬剤師の仕事が増える時期としては連休前や風邪が流行した時です。

仕事が忙しくなり営業時間内に終わらせる事が難しいのです。

そのため残業という形になります。

管理薬剤師の残業は薬局の規模や時期や立地条件によっては時間はバラバラです。

しかし、目安を挙げるならば管理薬剤師の平均残業時間は月に25時間程度と言われます。

週に5日勤務したとして毎日平均1時間ぐらいの残業です。

これを多いと思うか少ないと思うかは個人差があるでしょうが、一般的にはあまり多いとは言わないでしょう。

また、一般企業に勤める管理薬剤師の場合も残業が多くはないようです。

製薬メーカーでも残業時間は平均で月に10時間未満です。

ただ、これは問題なのですが、残業したにも関わらずに残業手当が出る企業は多くは無いようです。

管理薬剤師の仕事の残業状況としては一般のサラリーマンの人よりも少なめと言っても良いでしょう。

では楽そうだな、と考えてはいけません。仕事ですからやはり大変な事に変わりはないのですから、楽そうだなんて過剰な期待はやめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ