薬剤師が海外で就職するにはどうしたらいい?

海外の薬剤師

薬剤師が海外で就職するにはどうしたらいい?

薬剤師として日本を出て海外で働きたくありませんか?転職活動を機にグローバルな視点で転職を考えてみるのも良いかも知れません。

しかし、薬剤師が海外で働くにはどうしたらよいのでしょうか。

ここで解説します。

海外で働くのに免許はいるの?

海外で薬剤師として働く方法の一つとしてその国の国家試験に受かるという方法があります。

だけど転職先の国籍が無い場合には試験する受ける事が出来ない事あります。

外国人の受験が許可されている場合には基本的な薬学の知識は世界共通なので、その国の薬事法や規定を理解できれば試験に受かる可能性はあります。

しかし、言うまでもなく語学力は相当必要になるのは知っておきましょう。

また、どうしても海外で働きたい場合外国での資格取得ができていなくても活躍する事はできます。

留学生や研修生などの待遇で派遣された時は、薬剤師として派遣先で研究したりする事は可能です。

またその国の中で薬の調剤とかアドバイスはできませんが、研究者待遇で大学などに就職する選択肢もあります。

求人はどこで見つけるの?

求人の情報が欲しいなら薬剤師専用の転職エージェントを利用してみるとよいでしょう。

転職エージェントなら海外の転職情報についても知る事ができます。利用するに当たっては登録が必要になります。

といっても登録は無料ですからコストはかかりません。

登録する事による利点として専任のコンサルタントに相談できる事です。

薬剤師の働き方はいろいろあり、日本国内だけでなくて海外で働くというのも選択肢の一つです。

海外で働く事はいろいろ大変なのは言うまでもないですが、素晴らしい経験になるかもしれませんね。

韓国で薬剤師として働くには?

薬剤師としての働き方にはいろいろありますが、中には海外で活躍している人達もいます。

働く場所を海外まで広げる事もできます。

ここではたくさんある国の中で日本のお隣の国、韓国の薬剤師事情について解説します。

韓国の薬剤師の求人

韓国は日本人にもなじみがある国の一つですね。

薬剤師としてこの国で働きたい人も増えています。韓国の薬剤師事情ですが、日本とあまり変わりません。

人口比の人数とか収入に関してはほぼ同じです。

ただ、韓国では薬剤師はエリートの職業と考えられていおり、信頼されています。

医療体制に関しては医薬分業制になりますから、医師の処方箋に基づき薬剤師が調剤するようになっています。

このあたり日本と同じですね。

そして働く場所としては病院や薬局があります。

実は韓国では薬局の数は多いです。

ただ、経営者という事ではなくてこれらの店舗に雇われる形で入ります。

経営者にはなれないと法律で決まっているのがその理由です。

日本の資格で海外への転職先を探す時には転職エージェントを利用してみましょう。

薬剤師に特化した情報がいっぱい掲載されています。

また、働き方とか条件も求職者の方で設定できます。

働きたい国や希望する収入などから海外での働き場所を見つけていく事ができます。

登録に関しても無料ですから手軽に試してみる事ができます。

また、転職エージェントなら専任のコンサルタントがいますから、相談にも乗ってくれます。

薬剤師の働き方は日本国内だけというわけではありません。

世界で働いてみると人生で貴重な経験ができる事でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ